美甘麗茶のよくある質問[Q&A]

美甘麗茶はどんな風味がするのでしょうか?

香ばしさがあり、紅茶のように甘い風味がするお茶だ。
砂糖や人工甘味料を使用せず、通常風味を属性としていらっしゃる。
甘味の後に辛い黒豆のフレグランスを感じることができるはずです。

 

いつ頃飲み込むのが最高効果類でしょうか?

就寝前に飲むと翌朝心からスッキリ。
基本は何時飲んでいただいても構いません。
ですが就寝前に飲み込むことにより翌朝だいぶスッキリするのでオススメだ。

 

普段飲んでいる薬との併用は問題ありませんか?

献立なので基本は大丈夫ですが、薬によっては合わないことがあります。
やむを得ず心配という輩は美甘麗茶をお試行頂く前に、
かかりつけのお病院様に面談し、併用が可能かどうかを設問ください。

 

1日にどの程度飲めば効果類でしょうか?

中でもこれといった決まりはありません。
トクホなのでお飲みになられる数量に決まりはありませんが、モーニング、
昼飯、寝る前にお呑み頂ければ、よりのスッキリを実感できます。

 

ごはん中に呑むことは可能でしょうか?

おごはんの際にもお呑みいただけます。
 甘味もありますが、香ばしさやコクもございますので、おごはんとご一緒にお呑みいただけます。

 

常々飲んでも大丈夫なのでしょうか?

深みってコクがありますので常々お呑みいただいても飽きがありません。
黒豆や唐黍茶といったものの成分で気分のどんによっての改良や美容の効果もございますので、常々お呑み頂くことをオススメしています。あきる企業のない深みとコクのあるお風味ですので、どうしても毎日の服薬をお試し下さい。

 

アレルギーを持っているのですが美甘麗茶を飲んでも安心でしょうか?

下記の成分比較をご調査取り、アレルギーをおもちであれば美甘麗茶の服薬をお外しください。
<成分比較>キャンドルブッシュ、唐黍、黒豆(大豆)、カワラケツメイ、ルイボス、クマザサ、アマチャ
ご活用の前にこれらの成分のアレルギーをお保ちでないかきっちりご調査ください。

 

甘茶はアマチャヅルと同じものでしょうか?

ネーミングは似ていますがほとんど別のランクです。
甘茶はユキノシタ科に属し、アマチャヅルは長所科に属していらっしゃる。
それでネーミングはそっくりが、別ランクとなっています。
一般的には甘茶の方が一段と甘味が強めで、また美容効果があります。